活動報告

OBC最新PRムービー

奥多摩町60キロウォーク〜中編〜

奥多摩町60キロウォーク〜中編〜

 まだ前編を読んでない方はこちら。

『奥多摩町60キロウォーク〜前編〜』

まだ前編を読んでない方はこちら。

11日 午前3:30
これから、第4チェックポイントの、山のふるさと村(略して山ふる)を目指して歩きます

しゅっぱーつ!!

これからは、しばらく、小河内ゾーン!!

ん?あれ?

1

3人とも同じこと考えてたみたいなんだけど、、、、
なんだか、小河内に入った時から不思議と足取りが軽くなった気が・・・。
これは地元パワー?

安心してください。OBCは、スピリチュアルな団体ではございません笑

とにかく元気がでたし、奥多摩湖畔を宣伝しまくっちゃうぞ~

2

まずはこちら!!

原地区にある「お食事処丹下堂
鹿肉定食があるよ。小河内っぽいよね!

日帰りで鶴の湯温泉にも入れるよ~。

3

もうちょっと先に歩くと、同じく原地区

のんきや」!!
知ってる人も多いんじゃないかな?

ラーメンも蕎麦も手打ちだよ~
僕の同級生の実家です
うーん食べたくなってきた・・・

あ、また、ひらひらコンビだ~笑

そして、原地区をさらに進むと、、、、

4

小河内が誇る名湯!! 「鶴の湯温泉
その源泉がここにあるのでーす!!

矢を受けて傷ついた鶴が、崖からわき出る温泉で傷を癒やしたのが由来とされる「鶴の湯」。600年以上前の南北朝時代から利用され、江戸時代は湯治場として文人らでにぎわったとの記録がある。
1957年、小河内ダムの完成に伴い、鶴の湯は、村とともに湖の底に沈んでしまったのです・・・・・。
しかし、91年、汲み上げに成功し再び利用できることになったのです!
湖の底から、奇跡の復活を遂げた幻の湯なのです!!
鶴の湯は、本当に素晴らしい温泉だと思います!!

5

すぐ横に、奥多摩湖周辺の施設や飲食店などが記されているでっかい地図もあるよ~。

要チェックだ~。

よし、大事なところで写真撮れたし、進むぞ~!

6

ん?
なんて書いてあるのかな?
ちなみに先に見える赤い橋は、峰谷橋です。

7

お~、代表酒井くんが鹿を食肉加工する、奥多摩町食肉処理加工施設「森林恵工房 峰」
と、僕の母校である旧小河内小・中学校の看板じゃないか~!!菅原くんの勤めてる、東京・森と市庭が管理してくれてるんだー!
そこの理科室が、OBC部屋ってわけさ〜
バンバン祭の舞台でもあるよ〜
まさにOBCの拠点!!
ここを右に曲がると峰谷地区へいくんだね~
しかし、今日は曲がらず直進!

8

まっかっかな峰谷橋を渡ります。

この橋、人に道順説明するとき、わかりやすいよね~

小学生の時は、ここのバス停で降りて、学校まで歩いたんだっけな~

この橋を渡ると、菅原君・あやと君の住む川野地区になりま~す。

9

また、橋が見えた!

昔っから、ず~っとオレンジ色、麦山橋!!

これを、渡ってちょっと行くと

10

菅原くんちの近所。

川野コンビではいチーズ!!

60キロウォークに参加し、自分ちの近所を歩く・・・

11

ここは、深山橋!

これを渡らずに直進すると、留浦という地区になり、ぼくんちが営む「島勝」があります!
かつ丼とトロ飯定食が人気らしいぞ笑

でも、コースから外れてしまうので、深山橋をわたりま~す。

う~ん、ちょっと帰りたいぞぉ

12

渡りきったところにあるお蕎麦屋さん「陣屋
つい、一週間前に食べたけど、美味しいお蕎麦屋さんだよ
たくさんお客さんが入る人気店です!!

雨が強くなってきたー!!
フラッシュが反射して、雪のようだね〜

13

これは・・・・・

ここで、意味もなく、とった写真です!

でも、なんか気に入ったのでのせてしまいました笑

イメージは、ディズニーに出てくる魔法使い的なやつですね。
ファンタジーあふるる感じです!

魔法にかかり、ディズニーオタクのあやとくんも固まってますね・・・・。

ちょっと進んで、左に曲がって橋を渡り、しばらく歩くと

14

5:00 奥多摩周遊道路

普段は、夜、通行禁止な道なので、、、

なんか、ウキウキしてきたぞ。

歩いて行くうちに

15

だんだんと、夜が明けてきます、、、

16

湖や山、森が、見えるようになり、嬉しい!!

靄がかかり、なんだかとっても幻想的な雰囲気だね〜

17

しかし、山ふるまで地味〜な上り坂が続くため、疲労感も出てきます。

あの、氷川から水と緑ののふれあい館までの、ハイスピード。また、撮影のために進んでは止まりを何度も繰り返すから、一定のリズムで歩けないということも原因になっているのかも知れません。

いや、ただの体力不足なのかもしれませんが笑

でも、なんとか

18−2

5:50 山のふるさと村入り口に到着

施設までは、歩くとちとあるのよね〜

で、だいたい6:00に第4チェックポイントを通過しました。
ちょうどコーヒー飲みたかったとこで、やっぱり出してくれました。
ありがたい!

山ふるクラフトセンターで、夜明けのコーヒーを男3人すすりながら、作戦会議!!
だいたい半分くらいまでは、来たみたいだぞ!!

19

ふぁー、でも、やっと、座れた〜
ちょっと食べたら眠くなったし〜
お尻からネッコが生えそうだ〜

でも、そんなこと言ってらんない!!

我々には、やらなきゃならんことがあるのだー!!

うぉー!!

やまふるビジターセンターの前で、

20

やま

21

かわ

都民から『山ふる』の愛称で親しまれている山のふるさと村は、秩父多摩甲斐国立公園内にある東京都の自然公園施設です。
都民の健全なレクリエーション需要にこたえ、奥多摩の豊かな自然を紹介すること、関心を深めることを目的に、1990年10月に自然ふれあい施設としてオープンしました。

で、次に目指す、第5チェックポイントは、、、、、小河内ダム!!

え、、、、、! また戻るの?

いやいや、きた道をただ、戻るわけじゃありません!!

ほら、

22

クマ鈴借りてー

ここ

23

奥多摩湖いこいの路

24

地図の奥多摩湖の上側の道が今まで歩いてきた国道411号線。

で、下側の赤い線でなぞってあるのが、これから歩く、いこいの路ってわけさー

25

なんか、いよいよ、奥多摩のウォークって感じになってきた〜

これだよ〜こういう道を求めてたんだよ〜

疲れも吹き飛ぶよ〜

ほら、

26

こんなに

27

楽しそう。

で、こんな調子で、しばらくウキウキだったけど、結構歩いて、もうそろそろかな、もうこの道おなかいっぱいだよ、と思ってたらテント発見。
おっ、ダムの近くになったから、ここでチェックポイントなんだなー。

え!?いこいの路中間チェックポイント!?

なに?まだ半分しか来てないの?

第5はここだったのかー
僕だけ、作戦会議で、ぼけーっとして聞いてなかったのがいけないのだなー

ま、いっか!

チェックポイントとあらばやりやしょう!!

28

やま

29

かわ

たくさん歩いた気がしたけど、まだ、1時間ちょっとしかたってない。

でも行くしかない!!

30

途中で向こう岸に、とおってきたお店が見えるんだけど、いくら歩いてもそのお店を超えられず、進んでるように感じないんだよ〜

蜃気楼?砂漠のオアシス?たぬきに化かされてる?
みたいな感覚・・・。

この、からくりは?というと、、、、

地図を見るとわかるんだけど、いこいの路、入り江がすごーく深いとこが多くて、たっくさん歩いた気がしても、直線距離だとたいして進んでないんだね〜

それでも歩いていると顔をだす、この景色。

31

なんて美しいのでしょうか。

うーん、地元に住んでいたって、素敵だなと感じるくらいだから、都会から来る人たちにとっては、もーっと感動的なんだろうな〜

湖ばかりでなく、ほら、

32

こういうのだっていいよね!!

魅力たっぷり

ただ、雨にもうたれ、疲労はどんどんたまります。

いこいの路では、だれか1人が、足をほぐそうと、手でパシパシ自分の腿などを叩き始めると、残りの2人もそろって叩きだす、という不思議な現象が起きていました。

でも、、、

33

着実に進み、

34

ついに〜!!

35

よっしゃー!!

9:00 いこいの路 通過!!

すんごい、景色もよくて、マイナスイオンもでまくりな素晴らしい路だったんだけどー、

60キロウォークの時に限っては、全く、いこい、じゃないよ!!むしろ、なんていったらいいのかなぁ・・・・・

あやと君が、妙に、イライラしだす現象にかられてからぁ

怨みの路?憎しみの路?地獄の路?

どれがいいかなぁ笑

いこいの路は、元気な状態で、歩けば、最高に素敵な路です。誤解が、生じてたらすみません。今度ぜひ歩いてみてくださいね。

36

小河内ダム!!

かえってきたよ〜

山にモクモクかかってるのが、また、たまらんですなぁ

小河内ダムは、東京都奥多摩町(都心から約65km)にあって、標高530mに位置しています。多摩川上流域を水源とする集水域は、東京都奥多摩町、山梨県丹波山村、小菅村及び甲州市の4市町村にまたがり、面積は約263km²(羽村堰上流流域面積の54%)になります。

37

地味に向こう岸までは遠いんですよね〜

湖の反対側は〜

38

ひゃー、たかい!!

菅原くん
「かんさん、そこに展望台があるから、階段のぼっていけば、いい写真とれるんじゃないですか?」

かん
「お、おー!そうだなー!」

ガチャガチャ

かん
「鍵かかってるよ、まだ、早いから管理人さんいないんだね〜(ほっ)」

そんなやりとりしつつ、ようやく到着

9:20
第6チェックポイント 小河内ダム

じゃ、やりますか!!

39

やま

40

かわ

この広場では、6月に行われた、今回と同じ奥多摩町60周年記念イベント、セラピーウォークのゴール地点となった場所です。

まさに今やまかわしてる場所で、OBCゲリラライブをやっちゃったんだよね〜
懐かしいなぁ・・・・

その様子は ↓

 『奥多摩セラピーウォーク』

『奥多摩セラピーウォーク』

奥多摩セラピーウォーク

少しふれあい館で、休んだ後、いよいよゴールを目指しちゃいますよ〜

ただ、撮影のたんびのストップで乱れるペースと、いこいの路でのダメージで、3人を、特に年長者の島崎を疲労が襲いかかります〜

さあ、3人は、無事ゴールへと、たどり着くのでしょうかー?

〜後編に続く〜

 『奥多摩町60キロウォーク〜後編〜』

『奥多摩町60キロウォーク〜後編〜』

奥多摩町60キロウォーク〜後編〜
 奥多摩町60キロウォーク〜完結編〜

『奥多摩町60キロウォーク〜完結編〜』

奥多摩町60キロウォーク〜完結編〜
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top