パフォーマンス部門

Oguchi Banban Company の活動

子ども参加型まちおこしエンターテイメント

VERTERE-バテレ×OBCコラボ企画
【小河内産ホップでクラフトビールをつくろう】

奥多摩町公式食育ソングPV完成!!

おさらい・・・

奥多摩中学校の生徒が、保育園児向けの食に関する詩のアイデアを考え、それにOBCが曲と振りをつけます。
そして、完成後、園児たちが、中学生の前でその歌と踊りを披露する。

・・・という企画

詳しくはこちらをご覧ください。 http://ogouchibanban.jp/?p=3902

PV制作中に「OKUTAMA食育ゼンカイ」のCD制作の依頼も受け、奥多摩の全保育園児と、詩のアイデアをだしてくれた奥多摩中学校生徒と、食育関係各所に配布するCDも作りました!!

食育っぽいデザインじゃない?

PVは、中学生へのプレゼント用の、氷川保育園・古里保育園の動画を中心に、子ども達の給食シーンがあったり、給食先生が登場したり、楽しいものになりました!!

完成したものを、大画面で最終チェック。

いつも、携帯とかで、チェックしてたから新鮮ですね〜

なんだか、co*bcが、映画館になったみたい〜

よしよし!!おっけー!!

かわいく仕上がったー!!

そして、公開前だけど、出演してくれた子ども達にも、特別にお見せしちゃいました〜

みんなも映画館みたいだ〜って喜んでました!!

自分が大画面に出てきて、照れたり笑ったりしてたね。

そして、3月20日についに公開です!!

素人っぽさあふれる映像!!笑
でも、それによって、子ども達のかわいさを強調することができたんじゃないかな?なんせ僕が撮ったところもあるくらいだから〜
素材頼りの動画ですね笑

ただ、この動画はきっかけに過ぎませんよ!!
食育ソングできたよ!!の単発で終わったらいけません・・・

これを皮切りに奥多摩町の食育がさらに燃え上がるよう、関係各所のみなさん頑張っていきましょう!!

あ、ちなみに、僕もちらりちらりとうつってしまってます・・・笑

「OKUTAMA食育ゼンカイ!!」

企画:奥多摩町食育推進協議会×食育推進サポーターの会

作詞:平成28年度奥多摩中学校生徒一同

作詞・作曲・振付:島崎勘(氷川保育園・Ogouchi Banban Company)

撮影:石田良安(古里保育園)

編曲・録音・撮影・動画編集:酒井卓真(Ogouchi Banban Company)

出演:氷川保育園・古里保育園のお友達
※事前に保護者の承諾を得ています。

 

広報:菅原のコメント

「OKUTAMA 食育ゼンカイ!!」Ogouchi Banban Companyが奥多摩町の企画で食育ソングをプロデュースしました。詞のアイデアは奥多摩の中学生たち。

世代を超えて、子どもを育む意志が地域に満ち満ちているのが、奥多摩の魅力でもあります。

過疎だからこそ子どもは宝なんだと、みんなが思えている町。
子どもの幸せに全力な町。

町で子どもの声が聞けると嬉しいし、OBCのライブで子どもたちが元気に全力で踊っているのを見ると、気づいたら自分も笑顔になって、ゼンカイになっていることがたくさんあります。

大人になると、「大人だから」っていう理由でゼンカイになるのをブレーキしてしまうこともあるなあと思います。

でも、そんな「大人だから」をやらない人が多いのが奥多摩の大人たちなのかもしれない。

きっと、だからおもしろくて魅力的な人が多いのかな。

もっと、大人だって「ゼンカイ」になりたいはず。

だからこそ、この曲を聴いていつもの食べ物についてちょっと考えて、「ゼンカイ」のリミッターを開放するきっかけになったら嬉しいです。

OBCのパフォーマーの島崎はいつだって子どものためにゼンカイですから!!

 

 

 

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top